忍者ブログ
スプーキーズ以外での活動情報(舞台、映像、ライブetc...)の宣伝など載せていきま~す☆                               更新日は、公演開始日になっていますので、ご注意ください。(未来の公演…最近の公演…過去の公演…の順)         カレンダーで見たい年月を選ぶと、公演情報のある日は色が変わって表示されるヨ♪
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57

■渡部美穂、小坂逸、小杉直也、竹田大将、小島久人、北田拓朗、菅野直美 出演
第22回萩・世田谷 幕末維新祭り
幕末野外劇 『蒼氓
そうぼう

2013年10月26日(土)~27日(日)

12bakumatu.gif

<タイムテーブル>
10/26(土)台風の為、中止となりました。
10/27(日)15:00 17:00
*公演時間は30分を予定しております

奇兵隊パレード
10月27日(日) 13時~14時


・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・

30歳で江戸伝馬町の刑場の露と消えるまで、国を憂い懸命に走り続けた吉田松陰。
海外の知識を得ようと密航を企て、既存の学問ではなく時勢を取り入れた講義を塾生と語り合い、
松陰自身も自己の欠点を克服しようと常に努力を惜しみませんでした。
そして、安政の大獄を機に老中襲撃を企てたがそれが失敗に終わった時、
松陰の到達した考えは草莽崛起であった。

・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・
<あらすじ>
蒼氓とは民を示す言葉です。
1863年、戊辰戦争勃発。会津と萩では遺恨が残る戦いでしたが、古くは姻戚同士の時代もあり、会津藩が槍の指南役を長州藩へ派遣するなど、武芸上でも友好関係にありました。
長州人である吉田松陰が会津へ遊学出来たのも、そんな平穏な時代でした。
まだ青臭さが残る松陰が会津と言う未知の地で様々な人と出会い、郷土料理を食し、藩校日新館を見学し、日本各地には多くの有識者がいることを知り、異国に負けない国づくりの為に~日本国民~という括りを模索し始めた頃のお話を描きます。 
乞う、ご期待!!

<会場> 
松陰神社境内 松下村塾前
東急世田谷線「松陰神社前駅」下車 7分
東京都世田谷区若林4-35-1
*入場は無料です

 
<主催>幕末維新祭り実行委員会
http://shoin-dori.com/bakumatu.html

<CAST>
吉田松陰/北田拓朗
宮部鼎蔵/小杉直也
江帾五郎/小坂逸
井深茂松/小島久人  
黒河内百太郎/竹田大将
酌婦千春/菅野直美
井深の母/渡部美穂 ほか
     ☆
ナレーション/菅野直美

<STAFF>
脚本・演出/わたべみほ
音響/久保田雅大
撮影/スプーキーズ  
企画・製作 /座・芝居屋さんスプーキーズ

<ブログ>
http://d.hatena.ne.jp/spookys/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by Addio.