忍者ブログ
スプーキーズ以外での活動情報(舞台、映像、ライブetc...)の宣伝など載せていきま~す☆                               更新日は、公演開始日になっていますので、ご注意ください。(未来の公演…最近の公演…過去の公演…の順)         カレンダーで見たい年月を選ぶと、公演情報のある日は色が変わって表示されるヨ♪
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

■小坂逸、小林寿美子 出演

【公演スケジュール】
2011年5月22日~29日 全11公演
 5/22(日)14:00 19:00
 5/23(月)19:00
 5/24(火)19:00
 5/25(水)19:00
 5/26(木)14:00 19:00
 5/27(金)19:00
 5/28(土)13:00 18:00
 5/29(日)14:00
※受付は開演45分前 開場は開演30分前


【劇場】
前進座劇場 http://www.zenshinza.com/gekijo/index.htm
東京都武蔵野市吉祥寺南3-13-2
京王井の頭線 吉祥寺駅「公園口」改札より徒歩約12分

【チケット】
一般チケット発売日 4月1日(日)10:00より
全席指定 前売5,500円 当日6,000円 未就学不可


【ストーリー】
古代日本。
豪族の強権支配に苦しむ極貧の村を舞台に、
「救世主」となることを予言で義務付けられた、
ひとりの女の数奇な運命を描く、
ラヴ&アクションのエンターテイメント時代劇。
総勢五十人が入り乱れる大殺陣。
津軽三味線とサックスとピアノというユニークかつアグレッシブな生演奏。


【CAST】
矢島舞美(℃-ute)
中村誠治郎
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、根本正勝、藤沢大悟、杉本有美
  ☆
工藤里紗、横山一敏、藤原習作、小坂 逸
田口雄二郎、小栗山晃市、猪狩朝海、松本武士、木村正和、岡部雅子
  ☆
渡部将之、赤峰裕之、貞広高志、望月 敦、佐藤義夫
鈴木ゆか、西野マコト、小林寿美子、水野以津美、半野 雅、桝本圭作
原田悠吾、長尾卓磨、大津賢人、鈴木かなえ、加藤純奈、金城めぐ、野田祥平
橋口雄樹、山田真由子、設樂大志、江島朋洋、原田新平、平山美紗樹、平山裕子、星野雄大
  ☆
清水 宏
  ☆
築山万有美、滝佳保子、松下 修


【ミュージシャン】
津軽三味線:小山豊
作曲&ピアノ:立石一海
サックス&クラリネット:山口ミルコ


【STAFF】
作・演出:秦建日子
殺陣:横山一敏(JAE)
制作:羽座和歌子、青木夏希
企画製作:有限会社 OFFICEBLUE


※詳細はこちら
→http://officeblue.jp/act/stage/11ran.html

PR

■小坂逸 出演
沖縄国際映画祭 『幸運の壺 Good Fotune』

2011-03-22.jpg2011年3月18日(金)~27日(日)

 詳細はこちら↓
(第3回沖縄国際映画祭 長編プログラムLaugh部門 出品作品)


 



 ・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・

主人公の良作は、鬼妻に虐められながら売れない役者をしている毎日・・ある日、マンションの管理人から「幸運の壺」を貰ってから、彼の日常が狂いだす。
突然の鬼妻の死・・殺人の疑惑・・とっさの隠ぺい・・いつも通りの撮影現場・・予期せぬ訪問者・・そして、さらに増える死体・・これは、主人公の日常にべったりと寄り添って奇想天外なドラマが展開していく不思議なホラーワールドです。人間は極限状態に追い詰められた時が、最も可笑しい・・そんな笑いを満載しながら、物語は主人公をとりまく人間たちの隠された側面を様々にあぶり出していきます。果たして「幸運の壺」を受け取った男の不幸な人生は、どこへたどり着くのか・・それは、壺だけが知っている。 

<監督>
  小川 通仁

<出演>
ほっしゃん。 麻生久美子 佐津川愛美 麿赤兒 戸田恵子 、他
■小坂逸 出演

「完全犯罪倶楽部~あっち向いてホイ~」
       作・演出 小坂逸



<タイムテーブル> *開場は開演の30分前です。
9/17(金)19:00
9/18(土)14:30 18:30
上演時間1時間40分


<劇場> シアターブラッツ
東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビルB1
・東京メトロ丸ノ内線/新宿御苑前駅より徒歩3分
・都営地下鉄新宿線/新宿三丁目駅より徒歩5分
・靖国通り沿い・厚生年金会館前


<チケット>
日時指定・全席自由
前売・当日¥2,500
 

<チケット購入・お問合せ>
koji-koji-sk@xx.em-net.ne.jp
※コチラのメアドで申込されると「小坂扱い」でチケット購入いただけ、小坂が喜びます♪


<~あらすじ~>
父親の自殺を機に警察を退職。法の届かない裏の世界で探偵として父の死の謎を解く為に生きる主人公。
その主人公のもとに「命を狙われている助けてほしい」と依頼が飛び込んでくる。
その依頼人は「君の父親の死が関係している」という。
そして「最後の晩餐という闇サイトを調べろ・・・」と言い去ってく。
調査を始めようとした時、刑務所から出て来た弟と出会う。
「誕生日プレゼントだ」そういってあるイベントの招待状を受け取る。
その招待状には「最後の晩餐にご招待致します」と書かれていた。
主人公は何か大きな陰謀が動いていると感じ招待状に書かれた開場に向かう・・・


そこで起きる事件を是非一緒に解いて観てください。
この作品は最後まで騙し騙されどんでん返しの連続、観ている方を飽きさせない
脳みそ回転で楽しんで頂ける自信作であります。
是非観にいらしてください。

■小坂逸、小林寿美子 出演

10ran_chirashi.gif







【タイムテーブル】2010年
             7/7(水)19:00
             7/8(木)14:00 19:00
             7/9(金)19:00
            7/10(土)14:00 19:00
            7/11(日)13:00 17:00

【チケット】全席指定 前売¥5,500 当日¥5,800

【チケット購入・お問合せ】
チケットはお蔭様で完売致しました。
ありがとうございました。

【劇 場】
六本木・俳優座劇場  http://www.haiyuzagekijou.co.jp/

【STAFF】
作・演出:秦建日子
舞台監督:坂野早織
照明:島田昌明(有限会社銀河プロジェクト)
音響:TAISHI
音楽:津軽三味線/小山豊
   作曲・ピアノ/立石一海
   サックス・クラリネット/山口ミルコ
衣装:摩耶
企画・制作:有限会社OFFICE BLUE

■小坂逸、新井みずか、木村正和、小栗山晃市、稲垣里紗、奥村智海 出演
10tuki_chirashi.gif
<日 程>2010年1月13日(水)~17日(日)

<劇 場>
 「大塚 萬劇場」http://www.yorozu-s.com/
  豊島区北大塚2-32-22
  JR山手線「大塚」駅北口より 徒歩4分

<タイムテーブル> ※開場は開演の30分前です。
 1/13(水)            19:00
 1/14(木)14:00 19:00
 1/15(金)            19:00
 1/16(土)14:00 19:00
 1/17(日)13:00 18:00

<チケット> 
全席指定 前売¥3,500 当日¥4,000
<チケット購入・お問合せ>
koji-koji-sk@xx.em-net.ne.jp
※コチラのメアドで申込されると「小坂扱い」でチケット購入いただけると小坂が喜びます♪

<公式サイト> http://officeblue.jp

忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by Addio.